性病には色々と種類があり、性交渉だけに限らずトイレ・公衆浴場などどこでも感染してしまいます。当サイトでは性病の種類や感染経路・症状などについて詳しく説明していきます。また性病ごとの治療薬についてもご紹介していきますので、もしも性病に感染してしまったら時にそなえて知識を取り入れておきましょう。

様々な細菌に効果のあるジスロマックとは

ジスロマックは歯周病やマイコプラズマ、クラミジアなど様々な症状に効果があるため、耳鼻科や呼吸器科を中心に各科で処方されている薬です。
主に細菌の増殖を抑える目的で使われるため、感染症の治療を目的として子どもから大人まで幅広く利用されています。

感染症とは細菌やウイルス、カビといった病気の原因になる微生物が体内に入って、体の機能に障害を与え、発熱や炎症といった免疫反応を引き起こす病気の総称です。
感染症の薬の中で細菌に対して効果を発揮するものを抗生物質といい、ジスロマックは歯周病、マイコプラズマ、クラミジアといった病気の抗生物質に当たります。

抗生物質はインフルエンザを含め、ウイルス性の風邪には効果がないとされていますが、症状によってはジスロマックが処方される場合があります。
これは合併症の予防のためです。
風邪をひくと体力や免疫力が落ちて、他の細菌に感染しやすい状態になります。
黄緑色の鼻水や、痰が絡む咳などの症状がある場合、他の細菌の感染を疑った方が良いでしょう。
小さなお子さんや高齢の方などは、インフルエンザから肺炎にかかり、命にかかわる危険性があります。
医師にジスロマックを処方された場合、決して自己判断せず、決められた日数分を正しく飲み切るようにしましょう。

ジスロマックは、細菌がタンパク質を作り出せないように働きかけるタンパク質合成阻害薬です。
ジスロマックの主成分アジスロマイシンが、タンパク質の合成器官リボゾームの働きを抑え、新しくタンパク質が作られるのを防ぎます。
ヒトと細菌ではリボゾームの構造が異なっているので、アジスロマイシンが人間のタンパク質合成を阻害することはありません。

正常な細胞分裂にはタンパク質が不可欠です。細菌も増殖のために細胞分裂を繰り返すため、多くのタンパク質を必要とします。
タンパク質が作られなくなると、細菌はそれ以上増えることができなくなり、体の免疫作用によって淘汰されます。
こうした細菌の増殖を防ぐ働きを静菌的作用といい、殺菌的作用とは相反する作用です。
アジスロマイシンは主に静菌的作用を示しますが、高濃度では殺菌的にも作用します。
クラミジアの治療では殺菌を目的として使われるため、高濃度での処方が一般的です。

ジスロマックの副作用や服用についての注意事項

ジスロマックは、副作用の少ない薬ですが、時に吐き気や胃痛、下痢などの胃腸症状が出ることがあります。
特に2歳未満の子どもに、下痢症状が見られることが多いです。
症状が心配な方や、胃腸に不安がある方は、整腸剤などを処方してもらうと良いでしょう。

極めてまれな症状ですが、ジスロマックの服用後、皮膚に発疹やただれなどが現れた場合はすぐ医師に連絡してください。
皮膚粘膜眼症候群につながる可能性があります。また、アレルギー反応にも注意が必要です。
その他にも不整脈、肝障害、腎不全、大腸炎、といった症状の報告もあります。
ジスロマックは肝臓での代謝が遅いため、薬の作用時間が長い薬です。
服用後、時間をおいて症状が出る場合があるので経過観察を怠らず、不安を感じたらすぐに医師の診断を受けましょう。

ジスロマックは、市販の風邪薬や鎮痛剤、整腸剤と一緒に服用しても問題ないとされています。
牛乳との飲み合わせも体への重篤な影響はありませんが、乳製品に含まれる脂肪分が薬の効果を弱めることがあるので、ジスロマックの服用中は摂取を控えた方が良いでしょう。
胃酸を中和する制酸剤も、飲み合わせると薬の効果が弱まることがあります。

また、抗血栓薬であるワルファリンや、免疫抑制剤シクロスポリン、強心薬のジゴキシンは、ジスロマックと飲み合わせることによって効果が強く出てしまい、副作用が現れやすくなるので注意が必要です。

ジスロマックをはじめ、抗生物質は処方された用法・容量を飲み切ることが重要です。
症状がなくなったからと言って、自己判断で服用をやめてしまうと、潜伏していた細菌が再び増殖し始める可能性があります。

さらに厄介なのが耐性菌の出現です。
抗生物質の効果は、血中の薬の濃度を一定の期間保つことで作用します。
用法・容量を守らず、服用間隔が不定期になると薬の効果が不十分になり、抗生物質に対して抵抗性を示す細菌が現れることがあります。
この細菌が耐性菌です。
耐性菌が出現すると薬が効きにくくなり完治が遅れることはもちろん、症状が悪化したり、他の人に耐性菌を感染させてしまう危険性も出てきます。

抗生物質の効果はすぐに現れるとは限りません。
体に入った抗生物質はすぐに働き始めますが、実際に細菌が減少するまでには時間がかかることがあります。
効き目がなかなか現れないからと言って、薬の服用をやめたり、量を変えたりせず、医師や薬剤師に相談しましょう。
また、ジスロマックはネット通販で買えるので、自分に合っていると判断した場合は通販で購入することをオススメします。