性病には色々と種類があり、性交渉だけに限らずトイレ・公衆浴場などどこでも感染してしまいます。当サイトでは性病の種類や感染経路・症状などについて詳しく説明していきます。また性病ごとの治療薬についてもご紹介していきますので、もしも性病に感染してしまったら時にそなえて知識を取り入れておきましょう。

淋病の特徴は?症状や感染経路について

淋病は性行為によって感染する性病の一つです。この病気は、淋菌と呼ばれる細菌が原因となって起こります。
1回の性行為によって感染する確率はおよそ20%~30%と高く、感染者数の多い性病となっています。
通常の性行為だけでなく、口を使ったオーラルセックスなどでも感染することがあります。

淋病はほとんどの場合性行為を通じて感染するため、感染経路は限られています。
症状は主に陰部や口、直腸などに現れますが、淋菌が含まれている分泌物がついた手で目に触れると、結膜炎や角膜炎の症状を起こすこともあります。
淋菌は粘膜の部分に感染しやすいので、きれいな手や肌を触っても感染することはありません。
そのため、普通の日常生活のみによって人から人へとうつることはあまりないと言えます。

淋病は、淋菌に感染してからおよそ2日~7日くらいで症状が出始めます。
男性も女性もこの病気にかかることがあります。
しかし、女性は自覚症状がほとんど出ないことも多く、淋菌に感染した状態で長期間気づかないこともあります。

男性の場合には、尿道がかゆくなったり痛くなるなどの症状が出ます。
また、排尿時に痛みやヒリヒリとした刺激感を感じることもあります。
尿道から出血をしたり、濁った膿のようなものが出る人もいます。
症状が悪化すると、ペニス全体が腫れあがったり、前立腺炎や副睾丸炎になることもあります。

女性の場合には、具体的な症状が現れにくいのが特徴です。
主な症状としては、陰部がかゆくなったり、男性と同じように尿道から膿のようなものが出ます。
また、おりものの量が増えたり、緑黄色のおりものが出ることもあります。
女性は症状が軽い状態が続く人が多いのですが、放置しておくと子宮や卵管などにも感染して炎症を起こすことがあります。
子宮に淋菌が感染していると、出産時に赤ちゃんへの母子感染を起こします。

また、咽頭や直腸に感染している場合には、自覚症状があまり現れません。
しかし、症状が出ていなくても粘膜には細菌が感染した状態となっているため、ここから尿道や陰部などにうつることもあります。

淋病の治療法や予防法

淋病は性行為によって感染することが多いので、この病気を予防する場合には、患部への接触を避けるということが大切です。
陰部に感染が限られている場合には、コンドームを使用することでパートナーへの感染を防ぐことができます。
しかし、キスなどによる口への接触が感染経路となることもあるので、コンドームだけでは完全に淋病を予防することはできません。

淋病は、淋菌に感染してから2、3日経つと病院で検査ができるようになります。
また、自宅で手軽に行える検査キットも販売されています。
淋病に一度かかったことがある人や、淋病に感染する心配のある人は、定期的に検査をするようにしておけば、症状が悪化する前に淋病を治療することができます。

淋病の病原体は淋菌という細菌であるため、この病気の治療には抗生物質が使われます。
しかし、淋病は歴史が古く耐性菌も多い病気です。
そのため、通常は飲み薬の服用ではなく、病院で抗生物質が含まれている注射薬を使用することで治療をします。
淋病の注射薬としては、セフトリアキソンやスペクチノマイシンなどが保険適用となっています。

このうち、セフトリアキソンというのは静脈に注射する薬で、場合によっては点滴が使用されることもあります。
また、スペクチノマイシンというのは臀部の筋肉に注射する薬です。
2つの薬を比較すると、セフトリアキソンを注射するときのほうが痛みが少なくなっています。

注射薬を使った場合、通常は1回の注射のみで淋病を治療することができます。
しかし、感染してから長期間放置したままにしておくと、治療が難しくなってしまうこともあります。
そのため、淋病にかかっていることが分かった場合には、できるだけ早く病院を受診する必要があります。
症状が悪化している場合でも、通常は1週間くらい注射を続けることで淋病を治療することが可能です。